インフォメーション

インフォメーション

令和4年度PTA研修会を開催しました。

 1月21日(土)に令和4年度PTA研修会を開催しました。今年度は,本校,元渉外・安全課防災担当の大西教諭より,『本校における防災の取り組みについて』と題して講演を行いました。参加者からは,地域との連携した防災学習の取り組みや災害時に必要な設備や対応の話が聞けて安心した。災害ダイヤルを実際に操作してもらい具体的にわかってよかった。フェーズフリー商品が参考になった。等の感想をいただきました。研修会後は,災害時引き渡し訓練を参加者と一緒に行いました。

濡れた紙にも書けるボールペンの試し書きをしています。 災害時引き渡し訓練をしています。

 

第2回 学校運営協議会を開催いたしました。

   12月9日(金)の午後,徳島聴覚支援学校との合同の「学校運営協議会」が開催されました。

   当日は9名の委員(うち1名は学校長)の方々に来校いただき,会次第に沿って協議が行われました。今回は,各校に分かれて分散会の形式で熟議をし,それぞれの学校で話し合われた内容を共有することができました。

具体的な協議内容については,

◆これからの徳島視覚学校に期待したいこと

 それぞれの立場から具体的な提案や意見があり,今年度はもとより次年度以降の学校運営に生かせる大変貴重なご意見をいただくことができました。委員の皆様には,ご多忙の中来校いただきまして,本当にありがとうございました。

 

サマースクールを実施しました。

 8月22日(月)に,  地域の学校に通う見えにくさのある小中学生を対象に,  サマースクールを行いました。

 内容は,  STT(サウンドテーブルテニス),  はてなボックス,  座談会でした。

 STTは,  卓球によく似た視覚障がい者スポーツの1つです。初めてSTTのラケットを手に取る児童もおり,  ラバーの付いていないラケットを不思議そうに見たり触ったりしていました。はじめはアウトになることが多かった子どもたちも,  ピンポン球の進む方向を確認しながら,  ラケットの向きを調整していました。試合は白熱し,「もう1回やりたい!」と盛り上がりました。

 はてなボックスは,  一人がボックスの中に入っている物を触り,  その手触りや大きさ等をみんなに伝え,  みんなで中に入っている物を当てるゲームです。みんなでイメージを共有できる言葉探しに悪戦苦闘しながらも,  友だちからの「大きさはどのくらいですか?」等の質問に助けられながら,  みんなでよく考えました。

 ゴーヤに触った生徒は,「突起がたくさんある」「トウモロコシぐらいの大きさ」「一方の先からは何か伸びている」等と伝え,  その手の匂いをかいで「野菜の匂い」と紹介していました。

 座談会は,  本校の見えにくさのある教員2名と一緒に行いました。先生たちの見え方の話を聞いて自分のことを話したり,  小中学生時代のことを質問したりしながら,  話が深まりました。

 今回のサマースクールを1つのきっかけとして,  友だちや先輩とつながっていけたらいいなと思います。