徳島視覚支援学校校章徳島視覚支援学校
徳島県立徳島視覚支援学校  〒770-8063 徳島市南二軒屋町2丁目4-55
 ℡ 088-622-6255  FAX  088-622-0282
メールアドレス      
 学校代表        tokushikaku@mt.tokushima-ec.ed.jp
 目と耳の相談支援センター  metomimi_soudan@mt.tokushima-ec.ed-jp
 目に関する相談     tokushikaku_soudan@mt.tokushima-ec.ed.jp  
 
校長室
学校長挨拶 >> 記事詳細

2016/04/07

よろしくお願いします。

| by:学校長

みなさん、こんにちは。徳島県立徳島視覚支援学校長の上野清文です。宜しくお願いいたします。
 平成26年4月、老朽化の著しい旧の盲学校と聾学校は徳島視覚支援学校と徳島聴覚支援学校に校名変更するとともに、一つの建物の中に併置する形で移転新築されました。
 両校の併置に向けた本格的な検討は、平成15年度から始まりました。その後、両校の教員による作業部会を設け、「ユニバーサルデザインによる施設・設備のあり方」、「両校が連携・協働できる校務分掌組織と行事の持ち方」等、多岐に亘る検討を進めました。平成23年度からは、「両校の幼児・児童生徒及び保護者の交流」を開始しました。
 この間、多くの方々の御尽力や御指導により、施設・設備に関しては、視覚障がいのある方の安全な階段歩行のためのLED照明や、聴覚障がいのある方に情報を伝えるための文字情報システム、寄宿舎には緊急時対応のフラッシュライト等を備えるなど、全国に誇るユニバーサルデザインによる学びの環境を整備していただきました。心から、感謝いたしております。
  このように素晴らしい学びの環境のもと、新たな一歩を踏み出す教育活動におきましては、これまでの輝かしい伝統を大切にしつつ、両校の教職員が心を一つにつなげ、「つながる」を合い言葉として、「4つのつながる取り組み」を進めております。
 まず1つめの「つながる取り組み」は、「学びがつながる」です。視覚支援学校と聴覚支援学校で学ぶ幼児・児童生徒が、互いに認め合い、ともに高め合う保育・教育を推進することにより、規律や礼儀を重んじ、他人を思いやる豊かな心を育んで参ります。
 2つめの「つながる」は、「未来につながる」です。幼稚部から小学部、中学部、高等部、高等部専攻科における、専門性の高い一貫した保育・教育を推進することにより、社会に主体的に参加し、自立をめざす人を育てて参ります。
 3つめの「つながる」は、「地域とつながる」です。特別支援教育センターとしての機能を十分に発揮し、地域で学ぶ、視覚障がい、聴覚障がい等のある乳児から児童生徒に対する専門的な支援を全県的に展開します。また、津波避難施設として地域の皆さんの安全を守ります。
 最後の「つながる」は、「心がつながる」です。思いやりと支え合いの心に満ちた人間性豊かな社会を築くため、学校と保護者、地域、関係機関や団体の皆様方と連携して、視覚障がいおよび聴覚障がいに関する理解の促進と啓発に努めます。
 このような取り組みをとおして、視覚支援学校と聴覚支援学校が、地域から愛され、幼児・児童生徒の夢と希望を実現する学校に育てていく所存です。
 現在、幼児・児童生徒の皆さんは、明るく、未来への希望を持って登校してくれております。しかし、まだ「つながる」を合い言葉とした新しい教育は緒についたばかりです。皆様方におかれましては、両校の取り組みを御理解いただき、格段の御指導、御支援、御協力を賜りますとともに、その発展を暖かく見守っていただければ幸いです。どうか、これからも宜しくお願いいたします。

                      徳島県立徳島視覚支援学校
                            校長 上野 清文

14:08
日誌
校長より
一件も該当記事はありません。