徳島視覚支援学校校章徳島視覚支援学校
徳島県立徳島視覚支援学校  〒770-8063 徳島市南二軒屋町2丁目4-55
 ℡ 088-622-6255  FAX  088-622-0282
メールアドレス      
 学校代表        tokushikaku@mt.tokushima-ec.ed.jp
 目と耳の相談支援センター  metomimi_soudan@mt.tokushima-ec.ed.jp
 目に関する相談     tokushikaku_soudan@mt.tokushima-ec.ed.jp  
 
保健室
保健室だより >> 記事詳細

2016/03/18

あなたは大丈夫?ロコモ症候群

| by:保健室担当者

3月の掲示板は、4月から始まる運動器検診について知ってもらうため、「ロコモ症候群(ロコモティシブシンドローム)」をメインテーマに、そして「ひな祭り」をサブテーマに掲示しています。
掲示板全体図

 

 ロコモ症候群とは、体を支え、動かすために大切な骨や関節、筋肉、神経などが障害され、歩いたり、日常生活を送るのに支障を来たす状態を言います。本来は、高齢者が要介護になる要因の1つとして考えられていましたが、その予備軍として、子供たちにまでロコモ症候群が広がってきています。
ロコモ症候群コーナー写真1

 

 ロコモ症候群が増加する原因として、スマホやゲームの普及と外遊びの減少等運動不足によるものや、食生活の乱れによって、筋肉や骨の成長に必要な栄養が不足している現状などがあります。

 運動器検診はこのようなロコモだけでなく、部活動などにより偏った運動を過度に行うことによって起こるスポーツ障害のスクリーニングも行われ、一方では運動不足、一方では運動のしすぎ・・・と子供たちの運動器における障害の原因は二極化しているようです。

  「あなたもロコモを確認!」として、5つのチェック項目の内、1つでも当てはまればロコモと判定されます。子どもたちも、体育の先生のモデル写真を見ながら、チェック項目ができるかどうか、挑戦していました。
ロコモ症候群コーナー写真

 

 また、姿勢の悪さが身体に与える影響についても知ってもらうため、正しい立ち方、座り方をチェックし、姿勢の人形モデルも掲示しました。「自分はこんな感じかな?」など、モデルを利用して、色んなポーズを試して、正しい姿勢と比べてみる様子も見られました。
姿勢チェック写真

 おひな様のコーナーでは「トップをねらえ!おひなさまレース」を設置。お内裏様に扮した校長先生を、三人官所と五人囃子の教頭先生が応援してしまいます。ひもを引っ張ることで、お内裏様とおひな様がどんどん上に登っていき、ひな段にどちらが先にゴールするかを競うゲームで、子どもたちは、来室する度にゲームを楽しんでいます。
おひな様コーナー写真
 

 今年度は、生活習慣改善を目標に掲げ、食事・運動・睡眠、あらゆる角度から、掲示板を活用した保健指導を進めてきました。

 1年間、保護者及び関係者の方々には、学校保健の推進にご協力いただきありがとうございました。
 来年度も引き続き、よろしくお願いいたします。



12:12