徳島視覚支援学校校章徳島視覚支援学校
徳島県立徳島視覚支援学校  〒770-8063 徳島市南二軒屋町2丁目4-55
 ℡ 088-622-6255  FAX  088-622-0282
メールアドレス      
 学校代表        tokushikaku@mt.tokushima-ec.ed.jp
 目と耳の相談支援センター  metomimi_soudan@mt.tokushima-ec.ed-jp
 目に関する相談     tokushikaku_soudan@mt.tokushima-ec.ed.jp  
 
日誌
人権・キャリア教育課 >> 記事詳細

2012/12/20

人権進路だより 第13号

Tweet ThisSend to Facebook | by:人権・キャリア教育担当者

◆人権教育主事研修会より  トピックスご紹介 
              (10/31 大阪市職業指導センター・(株)かんでんエルハート)



◎大阪市職業指導センター(大阪市住之区)

○ 国1/2,大阪府1/4,大阪市1/4の助成で運営される「職業能力開発施設」2年間の課程
 (定員各15名)があり,90%以上の方が就職している。

○ 入校資格…療育手帳を持っていて,ハローワークの受講指示がある方
   
○ 1年目:職業基礎課程…就労に必要な生活習慣や作業習慣の確立を目指して訓練を受
  ける。
  各種講座(木工,こけアート,パソコン,みだしなみなど),作業訓練(点字印刷物作成),
  その他の訓練(ビジネスマナー,清掃,地域貢献など)がある。

○ 2年目:職業技能の習得を行い,企業実習などを通して作業遂行能力や就労意識を高
  め,就労の場の確保を図る。 
  紙器加工科(10名)…紙器加工にかかる現実の作業環境(断裁機など)を想定し,企業
  から受託業務を展開している。フォークリフト運転技能講習を実施している。 
  グリーン農園科(5名)…水耕栽培システムを利用・導入した温室,露地での野菜・花き類
  の栽培などを行う。食品衛生法に基づき,焼き菓子の加工販売を行う。

◎(株)かんでんエルハート(大阪市住之江区)

○ 関西電力(株)が51%,大阪府,市が各24.5%出資する特例子会社(障害者雇用に特別
  に配慮することで,親会社の障害者雇用率算定に含めることが認められる子会社)

○ 事業内容…印刷事業,ノベルティ事業,ダイレクトメール事業,園芸事業,貸し農園事業,
  メールサービス,マッサージ事業等

○ 従業員数…172名うち障害者110名[男:76名,女:34名],(身体:50名,知的:52名,
  精神:8名 重度[54名])※視覚障害の方(11名)は、メールサービス,ヘルスケア,企
  画・業務を担当している。

○ 企業理念…「誰もが等しく尊重され生きる歓びに溢れる社会をつくります。」

  いろいろな訓練を浅く広くする方が有効であるといわれていました。両施設とも実習され
  ている方の働くことへの熱意が感じられました。障害者の職場定着のポイントは,○個々
  の障害の特性を評価し,把握する。○障害特性や適性に応じた職場への配属と業務付
  与。○労務管理とあわせた職場定着への支援。○支援機関や医療機関・家族との連携 
  (会社の管理範囲を超える課題)といわれていました。


高等部普通科で毎年2回実施されている「就業体験」について
 担当者に聞いてみました。
 

①なぜ就業体験をするのですか。 

 就業体験は,卒業後の進路を決めるために行いますが,体験をとおして,自分ができるこ
 と,できないこと,自分の適性を知る機会とすることも大切な目的のひとつと考えています。

②就業体験は,どんなところでするのですか。

 一般の事業所(会社)や福祉サービス事業所(いわゆる施設)などで実施しています。

③具体的には,どんな会社や施設で就業体験をしていますか。 

 一般の事業所では,昨年「日亜化学工業鳴門工場」で行い, 今年の12月には「ザ・ビッグ
 上板店」で行いました。施設では,今年「希望の郷」「れもんワークス」「眉山園デイセンタ
 ー」「野菊の里」「ルキーナ・うだつ」などで行いました。

④就業体験先では,どんなことをしているのですか。
 
 一般の事業所では,会社の簡単な作業をさせてもらいます。具体的には,段ボール箱作
 り,作業用手袋の選別,清掃,袋詰め,商品陳列などです。施設では,造花のちぎりや組
 み立て,シール貼りなどの委託作業,カラオケなどの余暇活動など,他の利用者さんと同じ
 活動をしています。 

⑤何日間ぐらい体験しているのですか。 

 体験期間は,施設では1~3日,一般の事業所では3日~2週間程度を考えていますが,
 生徒の実態に合わせて期間を決めて行っています。

⑥最後に,これから就業体験をすることになる,小学部や中学部の児童・生徒,保護者に何かアドバイスがあればお願いします。 

 まず,進路選択で重要なことは,自分(お子様)の障害(適性)を正しく知ることです。その
 上で,進路先での生活をイメージし,必要な力を知り,卒業までにその力が付くように取り
 組み続けることが大切となります。早い時期から,家族や担任の先生と進路について相談
 してほしいと思います。なお,卒業後,施設利用を希望する人は,PTA研修(施設見学)や
 施設の行事に参加したり,日中一時支援などの福祉サービスを利用するなどして,どこにど
 んな施設があり,どんなことをしているのかを早い機会から理解しておけば,高等部になっ
 ても慌てることはないと思います。わからないことなどありましたら,進路担当まで相談して
 ください。


13:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
日誌
新規日誌2
一件も該当記事はありません。