徳島視覚支援学校校章徳島視覚支援学校
徳島県立徳島視覚支援学校  〒770-8063 徳島市南二軒屋町2丁目4-55
 ℡ 088-622-6255  FAX  088-622-0282
メールアドレス      
 学校代表        tokushikaku@mt.tokushima-ec.ed.jp
 目と耳の相談支援センター  metomimi_soudan@mt.tokushima-ec.ed.jp
 目に関する相談     tokushikaku_soudan@mt.tokushima-ec.ed.jp  
 
日誌
学校評価 >> 記事詳細

2012/04/30

学校評価

| by:教務担当者

学校評価の目的
公立学校は,当該学校における教育活動,管理運営その他の活動全般の状況及び
成果について,自ら評価を行い,もって公立学校の活性化及び教育水準の向上に資することを目的とします。

学校評価とは
◆学校教育活動の改善のための主体的な取組の推進
◆学校と家庭・地域との相互理解の促進


本校における学校評価
学校評価のための計画は,重点課題・重点目標・評価指標・活動計画から成ります。
本年度においては,3つの重点目標をあげ,その解決に向けて全教職員で取り組みます。


<重点課題とは>
毎年度,学校活動全般の状況について点検を行い,その当面する課題の中から,本年度に
重点的に取り組むべき課題を把握したものです。
 
<平成24年度重点課題>
①全ての教科科目・領域において「個別の指導計画」を作成し,一人一人に応じた指導の充実を図るとともに,学部連携による一貫教育体制を推進する。 
②卒業後の自立と社会参加をめざし,生徒一人一人の能力・適性を把握し,職業教育の充実を図るとともに,主体的な進路選択ができるよう支援する。
③幼児児童生徒の多様な教育的ニーズに応えるため,医療,福祉,労働等との連携体制を構築し,「個別の教育支援計画」を活用した総合的な支援を行う。
④幼児児童生徒が地域社会の一員として,心豊かに生きていくことができるよう,地域の学校との交流及び共同学習や地域の教育力の積極的な活用を推進する。また,特別支援学校のセンター的機能を発揮し,相談支援や研修支援,地域の人々への理解啓発等の充実を図る。
⑤寄宿舎においては,互いを認め合い,尊重しながら共に生活する中で,余暇時間の活用や自己学習が充実するよう環境を整備するとともに,きめ細かい支援を行う。                         
⑥教職員一人一人の専門性を高め,組織としての機能性向上を図る。

<重点目標とは>
各年度の重点課題を踏まえ,本年度内に達成すべき具体的目標です。
 
<平成24年度 重点目標>
①学部連携による一貫教育体制を推進する。
②教職員一人一人の資質と専門性の向上を図り,学校を活性化する。 
③「共に育つ」新しい学校づくりを推進する。


<評価指標とは>
設定した重点目標のそれぞれについて,達成度を評価するための指標のことです。

<活動計画とは>
重点目標を達成するための具体的な活動計画です。

学校評価総括表(H23年度).pdf (367KB)
 


14:15