徳島視覚支援学校校章徳島視覚支援学校
徳島県立徳島視覚支援学校  〒770-8063 徳島市南二軒屋町2丁目4-55
 ℡ 088-622-6255  FAX  088-622-0282
メールアドレス      
 学校代表        tokushikaku@mt.tokushima-ec.ed.jp
 目と耳の相談支援センター  metomimi_soudan@mt.tokushima-ec.ed.jp
 目に関する相談     tokushikaku_soudan@mt.tokushima-ec.ed.jp  
 
保健室
保健室だより
12345
2016/06/13

お口の健康が体の健康を守ります!

| by:保健室担当者

保健室前の掲示板に、今月は「歯・歯磨き」のテーマで掲示をしています。
保健室壁面 歯の模型

手作りの歯と歯肉の模型です。
どんなところが磨き残しが多いのか、磨き方のコツなど載せています。
歯の模型の横にある歯ブラシでいろんな箇所の歯磨きをしたり、
歯と歯肉


ピンクの健康で引き締まった歯肉と赤くぶよの炎症を起こした歯肉、触り比べたりしてみてくださいね!
赤くぶよぶよになった炎症を起こした歯肉

みなさんのお口の中はどうですか?

初夏を彩るカラフルなあじさいかたつむりの間に「歯ブラシでイライラ棒ゲーム」を設置しています。
スタートからゴールまで、枠に当たらないように、歯ブラシを通らせることができるかな?集中力と細かな動きが要求されるゲームです。
あじさいかたつむり

お口は細菌の通り道です。
私たちの口の中にいる何億もの細菌は、むし歯や歯を支えている骨を溶かす歯周病の原因になります。

また、これらの細菌やこれらの細菌生み出す炎症を起こす物質が血管を通じて全身の各器官に広がることで、口内のみでなく全身の様々な病気に関わっていることがわかってきています。
(肺炎、血管系の病気、心臓の病気、糖尿病、低体重児出産の原因等)

だからこそ、歯のまわりの何億という細菌を取り除くこと=歯磨きがとても大切なのです。
たかが歯ブラシ、されど歯ブラシ。
歯ブラシはあなたの歯と体の健康を守る一生のパートナーです。
18:28
2016/03/18

あなたは大丈夫?ロコモ症候群

| by:保健室担当者

3月の掲示板は、4月から始まる運動器検診について知ってもらうため、「ロコモ症候群(ロコモティシブシンドローム)」をメインテーマに、そして「ひな祭り」をサブテーマに掲示しています。
掲示板全体図

 

 ロコモ症候群とは、体を支え、動かすために大切な骨や関節、筋肉、神経などが障害され、歩いたり、日常生活を送るのに支障を来たす状態を言います。本来は、高齢者が要介護になる要因の1つとして考えられていましたが、その予備軍として、子供たちにまでロコモ症候群が広がってきています。
ロコモ症候群コーナー写真1

 

 ロコモ症候群が増加する原因として、スマホやゲームの普及と外遊びの減少等運動不足によるものや、食生活の乱れによって、筋肉や骨の成長に必要な栄養が不足している現状などがあります。

 運動器検診はこのようなロコモだけでなく、部活動などにより偏った運動を過度に行うことによって起こるスポーツ障害のスクリーニングも行われ、一方では運動不足、一方では運動のしすぎ・・・と子供たちの運動器における障害の原因は二極化しているようです。

  「あなたもロコモを確認!」として、5つのチェック項目の内、1つでも当てはまればロコモと判定されます。子どもたちも、体育の先生のモデル写真を見ながら、チェック項目ができるかどうか、挑戦していました。
ロコモ症候群コーナー写真

 

 また、姿勢の悪さが身体に与える影響についても知ってもらうため、正しい立ち方、座り方をチェックし、姿勢の人形モデルも掲示しました。「自分はこんな感じかな?」など、モデルを利用して、色んなポーズを試して、正しい姿勢と比べてみる様子も見られました。
姿勢チェック写真

 おひな様のコーナーでは「トップをねらえ!おひなさまレース」を設置。お内裏様に扮した校長先生を、三人官所と五人囃子の教頭先生が応援してしまいます。ひもを引っ張ることで、お内裏様とおひな様がどんどん上に登っていき、ひな段にどちらが先にゴールするかを競うゲームで、子どもたちは、来室する度にゲームを楽しんでいます。
おひな様コーナー写真
 

 今年度は、生活習慣改善を目標に掲げ、食事・運動・睡眠、あらゆる角度から、掲示板を活用した保健指導を進めてきました。

 1年間、保護者及び関係者の方々には、学校保健の推進にご協力いただきありがとうございました。
 来年度も引き続き、よろしくお願いいたします。



12:12
2016/02/12

大切な命の誕生

| by:保健室担当者

 2月の保健室前の掲示板は、「命の誕生」をメインテーマとして、保健室前はほっこりと優しい雰囲気に包まれています。

 お母さんのおなかの中に芽生えた命を、実際に触れて感じてもらうために、実際の大きさと重さの手作りの胎児の人形を掲示しました。
掲示板の全体写真
「みんな、こうやっておなかの中にいたんだよ。生まれてきたときのこと覚えてる?」と子どもたちに問いかけると、「覚えてるよ!」っと答えてくれた児童もいました。

 

 お母さんのおなかの中の赤ちゃんは、羊水に守られ、へそのおとたいばんを通して、お母さんのからだから酸素や栄養などをもらって成長していきます。

 3ヶ月の赤ちゃんは、約8~9センチでイチゴぐらいの重さ。手足ができて人間らしい姿に成長します。お母さんから酸素や栄養をもらうための胎盤が完成するので、体重がどんどん増えてきます。

 6ヶ月の赤ちゃんは約30センチでメロンぐらいの重さ。髪の毛やまつげが生えてきて、人間らしい顔に成長します。目が開いてまばたきもできるようになり、羊水の中を元気に動き回ります。

 10ヶ月の赤ちゃんは、約50センチで中玉スイカぐらいの重さ。内臓の機能はほとんど完成し、大きくなった赤ちゃんは、お母さんのおなかの中がきゅうくつになってきています。いつ生まれてもいいように落ち着いて準備をしています。
胎児の人形の写真

 10ヶ月の赤ちゃんの人形を抱いた子どもたちの第1声は「重~い!!」。初めはみんな恥ずかしそうに、おそるおそる抱っこしているけれど、みんな嬉しそうに赤ちゃんを抱っこしてくれました。

インタビューコーナーの写真

 2月の初めに赤ちゃんが生まれたばかりの先生に、赤ちゃんが生まれた時の感想をインタビューしたコーナーも設けました。

 

 通りかかった先生や子どもたちが、「生まれた時何グラムだった?」「みんなもこんなに小さかったんだよぉ。大きくなったねぇ!」と、命について話すきっかけになっています。この掲示板をとおして、みんなの命も、とても大切な命だということを感じてくれればいいなぁと思います。



10:27
2016/01/27

あけましておめでとうございます

| by:保健室担当者

 1月の保健室前の掲示板は、お正月ムードでいっぱいです。掲示板の真ん中には、門松が飾られ、今年の干支の「見ざる・言わざる・聞かざる」が、松の中からのぞいています。門松のまわりでは、「新春 健康クイズ カルタ大会」が開かれています。

掲示板全体図

 カルタの内容は、

生活習慣に関すること

からだに関すること

病気やけがに関すること

心の健康に関すること

の4つの分野に分けられています。掲示板の下にある“読み札”には、クイズが書かれており、掲示されている絵札を、探し当て、クイズに答えるゲームです。子どもたちは、毎週カルタの内容が変わるので、飽きることなく、カルタに挑戦しています。

おみくじ

 また、掲示板の左下には、おみくじコーナーを設置。毎日、子どものたちはおみくじで運試しするのを楽しみに来室してくれます。「大大吉がでたよぉ~!」と大喜びだったり、「今日は、大凶だった・・・」と肩を落としたりと、おみくじに一喜一憂。おみくじには、学校生活や健康についてのコメントが書かれており、「廊下を走って友達とぶつかるかも。廊下は走らないで!」、「給食で1口30回かんで食べたら、ダイエット効果があるよ!」など、ワンポイントアドバイスを参考にしてくれています。

福笑い
 掲示板の右下には、「笑う門には福来る!福笑いコーナー」があり、お猿さんの顔が完成・・・あれれ?またまた、今月も校長先生と両校の教頭先生が登場!子どもたちも「この目は校長先生だぁ~」っと大喜びでした。

 12月までは比較的暖かい日が多かったですが、1月に入って、大寒波が来たりと、まだまだ寒い日が続いています。冷え込みが厳しくなるのと同時に、インフルエンザも徳島県内でぼちぼち流行し始めているようです。引き続き、インフルエンザの予防に努めてください。

 今年も幼児・児童生徒の健康の保持増進のため、学校保健の推進に取り組んでいきたいと思いますので、御支援・御協力よろしくお願いいたします。



13:34
2015/12/14

良い睡眠できていますか?

| by:保健室担当者

 12月の保健室前の掲示板は、「睡眠」をメインテーマとして、クリスマスムード満点で掲示をしています。保健室の入口には、リースも飾られ、サンタさんもお出迎えしてくれています。
壁面全体図


保健室入り口 


 睡眠にはどんな働きがあるのか、早く寝るために気をつけること、発達段階に適した睡眠時間などを確認したあとは、ツリーの中に隠れた生き物さがし!
睡眠の説明写真

 生き物のしっぽや鼻がオーナメントの端からヒョロリと出ており,それらをひっぱると、その生き物の睡眠時間が出てくるしかけになっています。子どもたちは生き物によって睡眠時間が様々であることや,イルカは寝ながら泳ぐことができることなどを知ってびっくり。
象の睡眠時間の写真

 大きなリースの周りには,サンタさんに変装した校長先生や、トナカイやオラフに変装した教頭先生も、ツリーを華やかに盛り上げてくれています。変装した校長先生たちを見つけると子どもたちは大喜びで、「先生たちの睡眠時間は何時間かな?」と興味津々でひっぱっていました。
校長先生の睡眠時間の写真

 また、今月は「けんこうガチャポンのコーナー」を設置。手作りのガチャポンを回すと、ガチャポンの中からは、サンタさんに変装した先生たちの写真と共に、先生たちから子どもたちへの健康メッセージが入っています。子どもたちは、毎日「今日は誰先生が出るかな?」と楽しみにガチャポンを回しにやってきてくれます。

 けんこうガチャポン


 冬休みに入ると,生活習慣が乱れがちになります。楽しいイベントが盛りだくさんの年末年始ですが、元気に新学期を迎えられるよう、早寝・早起き、規則正しい生活を心がけましょう。



11:47
12345